SDスピードクラス表示とは?
   カード選びがラクに!SDスピードクラスが規格化

SDアソシエーションでは速度性能の目安として”SDスピードクラス”を定めています。
対応機器、カード側それぞれが”SDスピードクラス”を表記することで転送速度に関するカードの選択が容易になります。

“SDスピードクラス”にはClass2、Class4、Class6、Class10の4種類があります。

読み書き時のデータ転送速度が最低2MB/秒
読み書き時のデータ転送速度が最低4MB/秒
読み書き時のデータ転送速度が最低6MB/秒
読み書き時のデータ転送速度が最低10MB/秒

 このページのトップへ

   さらに新規格UHSインターフェースの場合

たとえば、Class 2は読み出し/書き込み時の転送速度が2MB/秒以上。Class 4は4MB/秒、Class 6は6MB/秒以上、Class 10は10MB/秒以上。対応機器、カードは読み出し/書き込み時の転送速度によって、それぞれ各クラスに属することになり、製品やパッケージにどのクラスに属しているかマークを表記することになります。

さらなる高速対応として規格化されたUHSインターフェースでのスピードクラスについても規程されています。 UHSインターフェースで使用する場合の目安となります。

UHS Speed Class1 UHSインターフェース対応機器で使用したとき
読み書き時のデータ転送速度が最低10MB/秒
UHS Speed Class3 UHSインターフェース対応機器で使用したとき
読み書き時のデータ転送速度が最低30MB/秒

転送速度はSDアソシエーションで規定された条件下で測定した結果を基準としています。

※読み出し、書き込み速度は使用する機器、ファイルサイズ等の条件によって異なります。
   書き込み速度は1MB/秒を1,000,000バイト/秒としています。

 このページのトップへ

 Hanyeお客様サポートのトップへ

 

 

 

 

Copyright (C) 2015 HanyeTech. All Rights Reserved.